お問い合わせ

任意売却その後は?

任意売却後もサポートします。

「次の住まいや残った債務がどうなるのか」賃貸のお部屋探しも責任をもってお手伝い。ご希望の方には相談料無料で弁護士、司法書士をご紹介します。

任意売却とは

任意売却をされるお客様で一番ご心配をされている事は、次の住まいのことがやはり一番多いように思います。

中にはご実家に帰られたりと、行くところがある方もいらっしゃいますが、大半の方は、次は賃貸を探されます。(リースバッグ等、今のご自宅に賃貸として住み続ける方法やご親戚等ご協力を得て住宅を買い戻す方法もあります)

そこで多くの方が心配されるのは良い物件が見つかるのか?
見つかったとしても「子供の学校区で家を探せるだろうか?」「審査で断られないか」などですが、任意売却をされたからと言って賃貸の審査に問題が出ることはほとんどございません。

賃貸を借りるとき多くの物件は賃貸保証会社の審査を受けるのですがその審査は賃貸保証独自のものでカードローンや住宅ローンの履歴などいわゆるCICなどの個人情報は見ません。(中にはジャックスなどのカードによる、審査がいる物件もあります)

それでも多くの物件では保証人が必要になります。
保証人がどうしてもいない、という場合でも保証会社に登録をし保証料を支払えばいらなくなる場合もありますし、あとは保証人、保証料無料、初期投資も家賃の3か月分(それも敷金)だけで済む,UR住宅をご紹介することもよくあります。
UR住宅の場合、お勤めをされている方ならどなたでも入居でき、室内もフルリフォームされており、比較的家賃もお安いです。

クラスモ都島店では、丸投げをせず賃貸のお部屋探しも責任をもってさせていただいております。 (任意売却が成功すれば持ち出し費用をほとんどなしで出来るよう費用を捻出しております。)
また任意売却後の残った債務ですが、債権者から見れば抵当権を外した、いわゆる無担保債権になります。当然返済義務は残りますが、家まで売却しこれ以上払えない、というのが現実だと思います。
当然、債権者も無いところからは取れないわけで、月々払える範囲で…ということになり、月、5千円~一万円位づつで落ち着くケースが多いようです。

勿論、自己破産という選択肢もございます。自己破産自体一般的にイメージされているほど、デメリットはなく大抵のケースで免責がおります。免責が下りればもちろん債務は無くなります。

自己破産をするかしないかお決めになる前に、ご希望の方には相談料無料で弁護士・司法書士をご紹介しておりますので、メリットやデメリットを充分聞いて判断されることをお勧めいたします。

面談・訪問のご希望をお聞かせくださいご自宅もしくは近隣の指定の場所(お店など)へのお伺いも致します。

いますぐにご相談できます。

無料相談

フリー
コール

0800-2000-025

営業時間 10:00〜19:00 土・日・祝・時間外もOK

メールでの
お問い合わせ
相談はこちら

お電話の際にお聞きすること

①お名前・ご住所(差支えない範囲で結構です) ②住宅ローンのお支払い状況 ③お借り入れの金融機関、残りの債務について ④今一番不安に思われていること ⑤今後の希望など
TOPに戻る
CONTACT

お問い合わせはこちら

tel.0800-2000-025

営業時間/10:00~19:00 定休日/年末年始

詳しい空室情報等の確認はこちら無料