お問い合わせ

任意売却と競売の違い

任意売却と競売は全然違います。

競売の開札前日までなら、任意売却に変更できる可能性があります。

なぜ、任意売却は、有利なのか

競売のデメリット 任意売却のメリット

低い価格で入札

転売目的の不動産業者が競売に参加するため、市場価格(相場)よりも、かなり低い価格で入札されます。(市場価格の70%程度)当然、多くの債務が残ります。

高い価格で売れる

通常の不動産売買なので、市場価格(相場)に近い価格で売ることができます。その分、残債務が減らせ、ゼロになるケースもあります。

情報が守れない

競売情報のチラシをご近所に配る業者もあり、隠しておくことができません。(事件番号・最低売却金額・写真などが掲載されます)

プライバシー保護

通常の不動産売買と同じなので、ご近所に事情を知られることはありません

資金が残らない

1円たりとも残してもらえず、引越し費用すら捻出できません。強制的に立ち退きとなります。

引越し代が残る

債権者との交渉により、資金を残すことができます。また、引越しの時期も考慮してもらえます。

直ちに立ち退き

顔も知らない第三者が入札するので、直ちに立ち退きを要求されます。

住みながら解決

お身内などの協力により、引越しせずに、そのまま解決することも可能です。

任意売却と競売の流れ

任意売却の流れ詳細説明

1お問い合わせ

まずはお電話かメールにて、お気軽にお問い合わせください。任意売却専門の相談員が、お客様の現在の状況からお伺いしますので、ご不安に思われていることをお話しください。誠意を持って対応させていただきます。

2ご面談

個別面談にて、問題の解決方法をご一緒に考えます。また、現状把握だけでなく、ご家族のことを考えた上での将来的なご希望もお聞きします。リラックスしてお話しいただける面談スペースをご用意しています。

3査定

実際にお伺いし、ご自宅を査定させていただきます。任意売却を成功さえるためには、できるだけ高く、それでいて現実的に買い手が見つかりやすい価格で売り出さなければなりません。地域の不動産事情に詳しい、経験豊かな相談員がお伺いします。

4媒介契約

任意売却をすすめるメリットに同意していただきましたら、お客様と弊社との間に不動産売買の媒介契約を締結します。

5債権者への交渉

債権者との話合いを進めていきます。債権者が複数ある場合でも、すべての債権者に同意して頂けるよう交渉します。売却価格の調整はもちろん、競売や差押えの取下げ、残債の返済方法、引越し費用の捻出など様々な交渉を行います。

6売却活動

クラスモ都島店が売却活動を行います。広告・インターネット等により買主様を探しますが、所在を特定しないため、ご近所に知られることはありません。広告方法については、事前に確認させていただきます。「買い戻し」等についてもご相談ください。

7売買契約

買主様が見つかり、債権者の同意が得られましたら、売買契約となります。契約時に必要な書類の準備や、契約場所の手配などの事前準備も、すべて私たちがサポートします。

8代金決済・引渡し

代金決済と同時に、引渡しとなり、抵当権は抹消されます。残った債務についても、生活状況によって返済額の相談に応じてもらえることがほとんどです。任意売却が終わった後も、ご不安なことがあれば、お気軽にご相談ください。

面談・訪問のご希望をお聞かせくださいご自宅もしくは近隣の指定の場所(お店など)へのお伺いも致します。

いますぐにご相談できます。

無料相談

フリー
コール

0800-2000-025

営業時間 10:00〜19:00 土・日・祝・時間外もOK

メールでの
お問い合わせ
相談はこちら

お電話の際にお聞きすること

①お名前・ご住所(差支えない範囲で結構です) ②住宅ローンのお支払い状況 ③お借り入れの金融機関、残りの債務について ④今一番不安に思われていること ⑤今後の希望など
TOPに戻る
CONTACT

お問い合わせはこちら

tel.0800-2000-025

営業時間/10:00~19:00 定休日/年末年始

詳しい空室情報等の確認はこちら無料